プロフィール・出演者

【 指 揮 】 三河 正典(みかわ まさのり)

東京芸術大学作曲科および指揮科に学んだのちパリ・エコール・ノルマル音楽院に留学し満場一致の首席で卒業。作曲を北村昭、佐藤眞、近藤譲、池野成の各氏に、指揮を小林研一郎、松尾葉子、秋山和慶、河地良智、ドミニク・ルイッツの各氏に師事。さらに、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチのもとで研鑽を積む。これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、読売日本交響楽団、京都市交響楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、など各地のオーケストラを指揮するほか、新国立劇場、二期会などオペラ公演の音楽スタッフとしても活動している。
2005年~2007年、日本フィルハーモニー交響楽団指揮研究員。現在、東京芸術大学および東京音楽大学指揮科、声楽科(オペラ)非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

▲TOPへ


【 独唱 】 李 娥景(アギョンー)〔メゾ.ソプラノ〕

韓国人最初第34回V・Bellini国際コンクール単独1位を始め、Mario Del Monaco,Alcamo,Viotti-Valsesia,Beilutti,SpirosArgirisなど6つの大きな国際コンクールで全て単独で1位優勝した。キョンヒ大学音楽大全体の首席で卒業及び同大学院を卒業し、イタリアOrfeoアカデミーとViottiアカデミーを卒業。1995年25才で国立オペラ団Menotti作曲“The Medium"の主役でデビューして以降、国立、ソウル市立を始めとするたくさんのプロダクションと“Aida”、“Rigoletto”、“Don Cario”、 “Un Ballo in Maschera”、“IITrovatore”、“Madamu Butterfly”、“天生緑”“ノンゲ”“シムチョンーユンイサン”、“チク チー”、“アァ、高句麗”、“Albert Herring”、“Faust”、“Le Nozze di Figaro”、“Cosi fan tutte”、“Hensel und Gretel" など多数のオペラ公演をし、ベルリンアンサンブル、上海KBS交響楽団、ソウル市響、プチョン市響、スウォン市響、江南シンフォニー、ウルサン市響など有数のオーケストラとSymphonyNo.2,No.3,No.8-Mahler,Messa da Reguiem-Verdi/ Mozert,Messiah-Hendel,No.9 Symphony-Beethoven,Matthew Passion,Johonnes Passion,Welhachts-Oratorium,b-moll Mass,Magnificant-Bach,Elijah Mendelssohn Glaria-Vivaldi,GrosseMesse,Kronungs Messe一Mozartなど共演した。韓国交響楽祭、世界平和祝典コンサート、国会招待演奏会、MBC歌曲の夜、KBS送年音楽祭、国家朝餐前夜音楽会、2007年チョ・スミと“Winners全国順回演奏”、Tenor GiacominiとIITrovatore,Ensemble Berlin一日本 Sopranista Tomotaka Okamotoと一緒のDuo Concertで横浜での共演など数百回のコンサートに出演した。現在、キョンヒ大音楽部主任教授,ミョンチ大、国民大、ハニャン大学で講師を務める。

▲TOPへ


【 独唱 】 李 在郁(リー・ジェイウック)〔テノール〕

八二ャン大学音楽学声楽科卒業。イタリア“ORFEO"Academy卒業。韓国の国立オペラ団、ソウル市オペラ団、ソウル芸術の聖堂、テグオペラハウス、テジョン芸術の聖堂、テグ市立オペラ団、テジョンオペラ団、ソロオペラ団等やSingapore Lyric Opera Ecuador National Theatre,Rosetum Teatro(Milan、Italy)で多数のオペラ主役で公演。オペラ出演作品:La Traviata,Rigoletto,Nabucco/La Boheme,Madamu Butterfly, Manon Lescaut,Turandot/Lucia di Lammermoor L'Elisird' amore/Die Zauberflote, Cosi fan tutte/Die Fledermaus/春香伝(現代名作曲)、ドイツ“ケルンPhilharmonie Auditorium”で招待リサイタル、イタリアGerace Auditorium、日本札幌旭山音楽祭招待公演、シンガポールLyric Opera招待オペラカラーコンサートなどヨーロッパやアジア、南米などの地で多様なコンサート参加。ソウル市響、KBS交響楽団、コリアンシンフォ二ー、スウォン市響、インチョン市響、Singapore Chinese Orchestraなどと共演。全国声楽コンクール(テグ,1999)“大賞"受賞。“モンセラ カバエ”、“ニノ・カルダ”、“ロジェ トューン”など多数国際声楽コンクールで入賞。“テナーイ・ジェイウクがうたうイ・スイン叙情歌曲集"を始め多数の韓国歌曲音盤録音。現在、イタリア、ドイツ、日本、ホンコン、シンガポール、南アメリカ、フィリピンなど国内外で専門演奏家として活動中。

▲TOPへ



指導/川合 里沙
【 合唱 】北海道札幌旭丘高等学校合唱部

平成8年度に部活動を再結成。以来20回、高文連・NHK・全日本合唱連盟などの全国大会に出場している。
現在の部員数は1年から3年まで105名で活動。再結成以来、数多くの全国大会に出場、現在は年間20回以上のステージをこなす。平成24年10月27日に鹿児島で開かれた全日本合唱コンクール全国大会では金賞受賞のほか文部科学大臣賞(全国1位)を受賞。平成25年には札幌ドームでのオールスター戦の開会式で「国歌」を斉唱。今年6月にも日本ハム対ヤクルトの交流戦で合唱を披露している。平成26年3月にはバチカン市国のサンピエトロ大聖堂で4月の「復活祭」の前に行われる「四旬節」のミサの合唱団として単独で1時間半の重務をこなし好評を得る。また、平成26年10月末の盛岡で開かれた全日本合唱コンクール全国大会でも金賞を受賞している。平成27年度は7月滋賀県で開催された全国高等学校総合文化祭に出場。10月初旬はNHK全国学校音楽コンクール全国大会に出場、10月末に全日本合唱コンクール全国大会にも出場している。昨年度は全日本合唱コンクール全国大会で銀賞を受賞。恒例の札幌コンサートホールkitara大ホールでの定期演奏会は16回を数える。

▲TOPへ



指導/田中 義啓
【 吹奏楽演奏 】 札幌市立啓明中学校吹奏楽部

札幌市立啓明中学校は今年度開校70周年を迎えました。吹奏楽部は1959年に創部され今年で創部58年目を迎えます。吹奏楽コンクールでは札幌地区代表の常連校であり、北海道大会でも全道トップレベルの成績をあげています。昨年度までのコンクール成績を簡単に紹介すると、吹奏楽コンクール中学校A編成の部において11年連続札幌地区代表として北海道大会に出場し、北海道大会においては金賞10回・銀賞1回を受賞。そのうち北海道代表として全国大会には2009年度・2013年度・2015年度・2016年度(昨年度)と出場しています。またアンサンブルコンクールにおいても11年連続札幌地区代表として北海道大会に出場し、2016年度(昨年度)には北海道代表として創部以来初の全国大会に出場しました。コンクール以外の活動も多く、校内での演奏はもちろん、様々な催し物での出演が年間を通して多くあり、大変忙しい部活ではありますが、生徒達は音楽を愛好し、吹奏楽に情熱をそそぎ、人間性の向上と技術の習得に毎日努力を積み重ねております。また、定期演奏会は今年で23回目を迎え、今年度は10月B日(日)に啓明中学校体育館で開催いたしますのでお時間がありましたらどうぞお越しください。

▲TOPへ


【 伴奏 】 オーケストラHARUKA(はるか)

2003年「必要最小限の人数で透明感のある響きをつくる」、「バレエやオペラなど舞台芸術にも取り組む」をコンセプトに創立。これまでに8回の演奏会、2回のバレエ公演を開催。
また、「PTNA PIANO FESTIVAL」、「情熱の日・芸術祭」等に2006年から毎年出演し、多数の才能溢れる若い音楽家と共演。
2008年8月「蝶々夫人」、2009年12月「ファルスタッフ」、2011年1月「プッチーニ三部作」と、LCアルモーニカの公演に出演し、オペラにも取り組む。
2010年の第7回演奏会では、ピアニストの佐藤彦大氏、2011年の第8回演奏会では安永徹、市野あゆみの両氏と共演。安永氏をゲストコンサートマスターに迎えた指揮者なしでの演奏は好評を博した。

▲TOPへ